HOMEINFORMATIONシャンプーの大事な話

シャンプーの大事な話

2018.10.07

毎日歯を磨く、毎日体を洗う。



そんな毎日多くの人が当たり前にしている事のひとつに



シャンプーをするという事も挙げられると思います。



今回は今更ですが、シャンプーのとってもとっても大事な話をしたいと思います。



もう知っている方も多い内容かと思いますが、もっと沢山の方に知っていただきたいのです。



この内容に関してはもしかすると賛否両論、様々な考え方の人がいらっしゃるので、あくまでも一般的に言われている事をもとに個人の見解としてとても簡単な表現でお伝えします。



細かくお伝えする前に、まずとっても大切な事をお伝えしなくてはなりません・・・



それは・・・



シャンプーって実は髪の毛にとっても負担のかかるマイナス要因である事










トリートメントって髪の毛にプラスのイメージありますよね??



シャンプーはどんなイメージでしたか??



きっとプラスのイメージは特にないけどマイナスのイメージもなく、いわゆるプラマイゼロというイメージの方が多いのではないでしょうか??













違うんです。



残念ながら一般的にシャンプーは髪の毛にただただ負担なものなのです。



カラー・パーマ・トリートメント等のもちを良くしたい、ダメージを進行させたくない



そんな方はシャンプーをしない事に尽きます・・・



テレビCM等もガンガン流れている市販の某有名シャンプーを1ヶ月半使用すると、1回のカラーをするより髪の毛が傷むという実験結果も出てるくらいです。



CMではダメージ補修やら艶めきやら様々な効果を謳い、きれいなモデルさんの加工された映像で、さも良さそうな印象を与えていますが



現実はそうなのです。



だからこそ、知識のある知っている美容師さんはドヤ顔でこう言うわけです。








『大事なのはシャンプー!トリートメントよりも何よりも見直すべき物はシャンプー!!』




と。



シャンプーの種類は細かく分けると沢山ありますが、大きく分けると「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3パターンになります。





高級アルコール系シャンプー



高級アルコール系はこれまで市販のシャンプーの大半(サロン専売シャンプーなんかにも使われている場合もありますが)がこの種類に属していて、原料が非常に安いです。



はっきり言ってシャンプーをつくる際に、コスト面だけを考えればこの種類の洗浄剤をベースに作るのが一番ベストです。



とっても楽チンです。まさにコスト会のキング。



なので市販の低価格シャンプーに良く使われているのです。



しかし 洗浄力や刺激が過度にあると言われていて、先ほどの使い続けるとカラーより傷むという話のシャンプーがこの種類です。



使い続けるとごわつきが出てくるので、それを補う(ごまかす?)ために多量のシリコンと言う滑りを良くするものが入っていることが多いです。

※シリコン自体は色々な意見がありますが、決して悪い成分ではないです。



カラーやパーマデザインの劣化や、ダメージの進行、頭皮トラブルの原因にも繋がりやすい種類なので、



ヘアケアにも頭皮ケアにも興味のない方以外にはあまりオススメできません・・・



石鹸系シャンプー



石鹸系シャンプーは洗浄力が高く、頭皮が強い人でしっかりと洗う事に重点を置かれている方であれば生分解性も良いのでありかもしれませんが、基本的にはアルカリ性のものなので、髪の毛がゴワツキやすいです。



中には酸性石鹸系という種類もあり、通常の石鹸系に比べると髪の毛への負担は少なく、洗浄力はそれなりにある事からスキャルプケアシャンプー等にしばし使われています。



カラーやパーマをされてない男性なんかにはとても良いと思います。



しかし、やはり、髪の毛のきしみやカラーの褪色は招きやすいです。









アミノ酸系シャンプー



細かく分けるとけっこう特徴の違いもあるのですが、ここでいうアミノ酸系シャンプーは広義でのものでお話します。



アミノ酸系シャンプーの特徴は、穏やかな洗浄力で髪の毛にも頭皮にも負担が少なく洗えます。



また、洗いあがりの手触りも比較的良いので、ダメージが気になる方やカラー・パーマをされている方には非常にオススメです。



優しい洗浄力なため、しっかりと汚れを落とすことを重視されている方には物足りなさを感じるかもしれません。



ただ、数日に1度しか洗っていなかった昔の時代と違って、毎日洗う現代においては汚れを落とす事に関して問題はないかと思います。



比較的成分が高価なため、価格もそれなりになってきます。




その他にもベビーシャンプーに用いられることの多いベタイン系等(アミノ酸系とは違いますが)細かく分ければ色々あります。




最近ではドラッグストアにも少し高めのプライスでこのアミノ酸系シャンプーが並んであったりします。



一昔前ではあまり考えられない光景でしたが、ネット社会の普及により、一般の方でも様々な情報を得られるようになり、目が肥えた方が多くなってきた事を考えると当然の現象なのかもしれません。





しかしここで気をつけたいことが!!










アミノ酸系と言っても実は定義がないため、このアミノ酸系の洗浄成分を少しでも入れていれば「アミノ酸系です」と謳えてしますのです・・・



だから、アミノ酸系と書いてあるものを使っているのに、なんだか使用感がイマイチという方。



もしかしたらそれ、高級アルコール系のベースにちょろっとアミノ酸系を混ぜただけのものかもしれません。。



アミノ酸系は一般的に泡立ちもそこまで良くないので、起泡性を良くするために洗浄力の高いものが混合されているものもけっこう見かけます。



ラウレスフリー(ラウレス硫酸Naとは高級アルコール系の代表的な成分です)と書かれていてもそれに近い洗浄力のものがメインで使われていたり、一見穏やかな洗浄剤で構成されていても、実はそんなに原価の高いものではなく、その割に価格が高いもの等・・・



もちろん「高価な成分=必ず良いもの」ではないですが



それだと逆にコスパ悪くないかな?なんて思うものよく見かけます。












どこまでこだわったものを使うかは人それぞれの価値観にもかかわってくるので、なんとも言えないのですが



やはりアミノ酸系をはじめとする刺激の少ない洗浄剤のみで構成されたシャンプーを使う事がダメージ毛の方には理想なのではないでしょうか??






しかし



そうなってくるとやはり気になるのが・・・



価格!!!!







そうなんです。



やはりこだわって良いものだけで構成されたシャンプーは値が張るのです。



これがこういったシャンプーの数少ないデメリットの中の最大のデメリットであると言えます。



しかし!!



そんな中で最大のデメリットを克服したシャンプーがついに現れました!!



気になる方は次の記事



『リニューアル☆テレスコープシャンプー』



を是非お読みになって下さい♪



閉じる